施術のようす

不登校の女子中学生と、椎名林檎。

数カ月前でした。

「うちの娘が不登校になっているんです。
1度みてもらえませんか?」

と、お客さんから。

 
中学二年生の娘さん。

来店されて、施術をしました。

特に、これといって会話はなく。

「少しでもカラダが緩んで、ついでに少しでもココロも緩んでくれたらいいかなぁ」

くらいの軽い気持ちで、
でも丁寧に、
手当てをしました。

 
「なんとかしてあげなきゃ!」

みたいな意識で関わられると、
重いんですよね。

たぶん。

しらんけど。

 
そしたら、なんと2回目も来てくれました。

「なにも言われないから、楽だった。」

というのが、理由だそうで(笑)

その後も、
挨拶と必要最低限の事務的な会話以外しない施術が、
数回続いて。

 
ある日の施術中に、いきなり話しかけられました。

「不登校のこと、母から聞いてるんですよね?」