セミナーのようす

出張ブログ講座に行ってきました

おととい16(月)、
宜野湾市真志喜の「ブリカリさん」からのオファーで、
出張ブログ講座をさせていただきました。

 
ヘア&メイク(ブリリアント)と、
フォトスタジオ(かりりん)が、
併設されているお店なのです。

<ブリリアント>と<かりりん>で<ブリカリ>

 

2時間という(僕にとっては)短時間だったので、
限られた時間をどう使うか考えて。

集客ツールとしてのブログは、
集客全体を「木」だとすると、
「枝葉」の「一部」にしかすぎません。

「幹」として「経営戦略」が必要で、
さらに「根っこ」として「理念(想い)」などが必要です。

どんな想いで、
どんな人に、
どんなことを、
伝えたいのか。

それが明確になっていないと、
いくら発信術だけを習得しても、
思うような結果に繋がりにくいのです。

が!

ブリカリのお2人や他の参加者の方々は、
すでに経営戦略を学ばれているので。

根っこや幹はすっ飛ばして、
いきなり枝葉から入りました。

いきなり実践編。

****************

タイトル「両親とラーメンを食べてきました」

今日の昼に両親と一緒にラーメンを食べに行きました。父は味噌ラーメン、母は醤油ラーメン、わたしは塩ラーメンを食べました。店内はすごく清潔で居心地がよく、店員さんもとても感じの良い方ばかりでした。ラーメンもすごく美味しかったです。また行きたいです。

****************

この文章をどう工夫すれば、

「事業主として発信する価値のある文章」

に変えられるのか。

「ただの日記みたいな文章」と「ビジネスツールとして価値のある文章」には、
大きな違いがあります。

その違いがわからずに、
せっせとブログ(SNS)などで発信を続けても、
なかなか集客に繋がりにくいです。

 

↑の文章は、
「だれに」「なにを」伝えたいのかが、
まったく伝わってきません。

逆にいうと、
「だれに」「なにを」伝えたいのか明確な文章は、
ビジネスツールとして発信する価値のある文章になります。

 

あとは、
せっかく良いことを書いていても、

「読みづらい文章」

だと、伝わるものも伝わりません。

なので、
僕が思う「読みやすい文章」の書き方についても、
お伝えしました。

 

そして、こんなこともお伝えしました。

読んでて疲れる文章と、疲れない文章。

なにが違うのか?

もちろん、
内容がおもしろいとか、
表現が上手いとか、
シンプルに読みやすいとか、
そういう要素も大きいのですが。

そんなこと以外で、
僕にとっては決定的な違いがあるのです。

それは・・