セミナーのようす

凹を語らずして、女性性は語れません。

先週末から、福岡・大分へ出張(兼旅行)に出ていました。

土曜朝の便で、福岡へ。

午後から6本の個人セッションでした。

ここの会場はいつもお世話になっていて、
もうなんだか「元氣サポートルームkokokara福岡支店」な感じです。

僕は新規開拓よりも、
気に入ったらとことん同じ店(場所)を利用するタイプです。

 

セッションは、

①産後の疲労感(ダルさ)を改善したい方

②心身の軸を改めて取り戻したい方

③今後の新しいチャレンジへの不安を解消したい方

④とりあえず僕の個人セッションを受けてみたかった方

⑤カラダがこわばっているので氣を巡らせたかった方

⑥恒例の定期健診のような感じでお越しいただいている方

という6名さまでした。

ありがとうございました!!

 

翌日曜日は、こころとからだ塾(講座)

なんと、福岡では19回目のこころとからだ塾開催なんですね。

 

今回のテーマは「女性ホルモンを調えるココロとカラダのケア」

凹を語れずして、女性性は語れません。

女性ホルモンを調える=女性の心身を調える

ということだと思っていて、

女性の心身を調えるためには、
まず土台として「女性性とはなんぞや?」を知っておく必要があると思うんですね。

もちろん同じ女性でも性格・個性や人それぞれなのですが。

でも「土台」として大切にしたいものがあると思うんですね。

 

女性性と男性性の違いをシンプルに漢字1文字で表すとしたら・・