おもうこと

あいちトリエンナーレの件で感じたこと。

あいちトリエンナーレ内の企画展「表現の不自由展・その後」

の展示が中止になった件。

賛否両論が激しく入り乱れており、
ネット上では激論が交わされています。

 
政治思想も絡んでいて、
僕がみた限りだと、

・左派⇒「表現の自由」は守られるべきだ!(企画展擁護派)

・右派⇒「昭和天皇の御真影を焼いた映像を展示するなんて、とんでもない!」(企画展反対派)

と、だいたいそのような感じにわかれている気がします。

 
じゃあ、僕はどう感じたのかというと・・

「ものすごく不快」

でした。

 
ただ、多くの右派の皆さんがおっしゃっているような、

「天皇陛下の御真影だから」

という理由ではありません。

 
燃やされた写真が、

天皇陛下だからとか、そうじゃないから、とか。

政治思想がどうだとか、どういう立場だから、とか。

過去になにをしたとか、自分とどういう関係か、とか。

 
そういうことは一切関係なく、●●することが不快なんです。