こころとからだ

「触れる」を深めるために。

25歳で整体業界に入り、
32歳で独立開業し、
いまは40歳です。

こんばんは、照喜名です。

一応大学で体育学部に行きましたが、
ろくに勉強もせず中退。

幼少期からアトピーだったので、
健康関連の情報に触れる機会は、
平均よりはかなり多い方だったと思います。

ただ、ちゃんと身体の勉強をしはじめたのは、
整体業界に入ったあとです。

とにかく知識と技術を増やすことが、
整体師としての正しい道だと思っていました。

なので、とにかく勉強をしました。

借金までして、
専門書を大量に買ったり、
県外のセミナーに通っていました。

そして、
ある程度の知識と技術が身について、
自信もついた気がしたので、
独立開業を決断しました。

そして、その開業後ですね。

気がついてしまったのは。

なにに気がついてしまったのか。

「自分の薄っぺらさ」

にです。

それまで必死で身につけてきた、
知識や技術。

無駄だったとは思いませんが、
その知識や技術のせいで、
「わかったつもり」になってしまっていて、
でも実は「全然わかってない」ことに、
気がついてしまったのです。

誰に言われたわけでもないですが、
自分の感覚的に気づきました。

なんていうんですかね。

知識や技術を使えば、
一時的に表面的に、
体調が改善するサポートはできるんですよ。

でも、なんかそうじゃない、って気がしたんです。

僕が目指したいのは、そこじゃないって。

自分がやっていることが、すごく浅い気がして。

「もっと、ちゃんと人と向き合いたい」

と、感じたのです。

それまでの僕は、

「自信をつけるためにもっと知識や技術を身につけよう」

という考え方でした。

でも、その考え方では、
いつまでも自分の目指すところに、
到達できないと。

直感的に、気づきました。

表面的にいろいろ知っている・いろいろできる、
そんな浅いところで満足したくない。

そう思いました。