こころとからだ

冷えは塩で軽減する。かも。

近年「睡眠負債」という考え方が出てきましたが、
冷えも同じように「冷え負債」として蓄積されると感じています。

冷えに繋がるような習慣が長ければ長いほど、
その負債は増えていき、
そして「深く」根付いてしまっていきます。

 

その蓄積した冷えを軽減していくのは、
「深く」根付いているという自覚をもって、
「深さ」へのアプローチをしていくことが必要です。

表面的にカラダを温めるだけでは、
深いところの冷えはなかなか軽減していきません。

表面的に温めることと、
深いところから温めること。

その違いは、大きいです。

 

深いところから温める方法は、
大きく2つあって。

1つは、「習慣化」することです。

冷える習慣があったから、
深く根付いてしまったわけで。

だったら逆に冷えを軽減・解消していくためにも、
同じように習慣化していく必要があります。

長年かけて深く蓄積したものを、
一時的・短期的なアプローチで解消しようというのは、
自然の摂理として無理があると思います。

冷える原因を少しでも減らし、
逆に冷えを解消するための行動・意識を少しでも増やす。

それを、習慣化する。

 

減量の基本は、

摂取カロリー<消費カロリー

と言いますが、
冷えの改善も、

冷える習慣<冷えを改善する習慣

が基本だと思います。

 

冷えの改善にいろいろ取り組んでいるけど、
なかなか変わらない。

そういう方は、

冷える習慣>冷えを改善する習慣

になってしまっているのかもしれません。

「冷える習慣」って、
自覚のないところにも潜んでいることがありますからね。

あるいは、
「冷えを改善する習慣」として取り入れているものが、
実は効果的ではないとか逆効果になっている、
という可能性も考えられます。

 

とにかくまずは、

冷える習慣<冷えを改善する習慣

になるようにして、
それを地道に継続(習慣化)すること。

それが、深く蓄積した冷えを軽減していくための、
1つ目の方法です。

 

そして、2つ目が・・