こころとからだ

<陰>が過小評価されすぎている件について。

陰と陽。

陽は過大評価されていて、
陰は過小評価されていると感じます。

「陽子」という名前はあっても、
「陰子」という名前はきいたことがありません。

「陽」はポジティブで、「陰」はネガティブ。

確かに、そういう側面もあります。

が、陰は忌み嫌うものではありません。

むしろ、「陰があってこその、陽」なのです。

陰がしっかりしてないと、
陽はその能力を発揮できないのです。

陰陽のエネルギーの違い。

<陰⇔陽>
みえない⇔みえる
目立たない⇔目立つ

陰陽の対比をしようと思えば、
例えは無数にありますが、あえてこの2つだけで。

セミナーの時によく出す例えなのですが。

紙に字を書くとします。

この場合、
「字を書く手」が、
「目立つ方」の役割なので「陽」

「紙がズレないようにおさえている手」が、
「目立たない方」の役割なので「陰」

です。

イメージ図↓

絵が上手ですねぇ。

これは先日の福岡こころとからだ塾で、
僕がこの例え話をしていた時に、
受講者の方がメモをされていたものです。

で、一般的に。

「字がうまいね!」って褒められることはあっても、
「紙のおさえが安定してるね!」って褒められることはありません。

でも!

しっかり紙をおさえてくれているから、
字が書けるわけであって。

いくら字が上手くても、
紙がブレっぱなしだと書くのは大変なのです。

だから、
評価されるのは陽だとしても、
その陽を輝かせているのは陰なのです。

むしろ、
陰がちゃんと発揮されているからこそ、
陽は本来の能力が発揮できるのです。

そう考えると、
陰と陽は対等な関係でもありません。

「陰があってこその陽」

なのです。

もう1つ、同じような例えを。。