こころとからだ

足趾トレーニングと、変形コマネチ。

定期的にメンテナンスにいらしているお客さんから、

「父が膝を痛めてしまってなかなか改善しないので、みてほしい」

とのご依頼があり、先日ご来店いただきました。

 

以前はアクティブに動きまわっていたそうなのですが、
痛めてからは徐々に行動量も落ちてしまい、
最近では立ち座りや歩くのも痛みが出て、
家にこもりがちになってしまい。

メンタル的にも、
ネガティブになってきたそうで。

以前病院のリハビリで教わった、

「足趾トレ―ニング」

だけは続けているそうですが、
なかなか改善されないと。

 

ちなみに専門的には、
足の指は趾という漢字で表記します。

外反母趾の趾ですね。

足趾トレーニング自体は、
膝の痛みを軽減するためのリハビリとして、
すごくいいと思うんです。

しかも、ずっと継続されていると。

 

下手に新しいことを取り入れていただくよりも、
すでに習慣になっているものを改良してお伝えした方がいいのではないか、
と思い。

「普段されている足趾のトレーニング、
やってみていただいていいですか?」

やっていただきました。

なるほど。

シンプルな、趾の曲げ伸ばし。

それでいいんです。

いいんですけど。。

 

「どんな意識でやってます?」

「どんな意識って、趾の曲げ伸ばしだよ。」

「趾の曲げ伸ばしを意識されてるんですか?」

「うん。それ以外になにを意識するの?」

趾を意識して、曲げ伸ばしをする。

もちろんそれも悪くないです。

やらないよりは、やった方がいいです。

 

が!

改良の余地はあります。

それは・・・