こころとからだ

ミエナイ世界に目覚めたきっかけ

僕は今でこそ「氣」などの「ミエナイ世界」も大切にしていますが、
整体業界に入って数年はそんなことはなく、
逆にバリバリの「ミエル世界派」でした。

解剖生理学を元に筋肉・骨・神経など西洋医学寄りの勉強ばかりしていて、
「氣」などという東洋医学寄りのものは、
信じないどころか眼中にないほどでした。

 

そんな僕にも転機があったから、
今こうなってしまっているんですね。

 

今回はその話を書きたいと思います。

整体業界に入ってしばらくすると、

「やっぱり栄養も大事だよね」

と思いはじめ、
カラダの構造的な勉強にあわせて、
栄養学も学び始めました。

 

といっても思考が西洋寄りなので、
栄養素について学ぶのみ。

三大栄養素(タンパク質・糖質・脂質)やビタミン・ミネラルなど。

それらの栄養素が身体にどういう影響を及ぼすのか。

足りないとどうなるのか。

どういう人は、どういう栄養素が足りないのか。

そういう勉強ばかりしていました。

 

そんな中、ある栄養の講習会に参加しました。

開始時刻ギリギリに会場へ到着。

一番前の真ん中の席しか空いておらず、
渋々その席に座ります。

僕は自分が受講生の時は、
なるべく端っことか後ろ、
目立たない席に座りたいタイプなのです。

講師に絡まれるのが、めんどくさいから(笑)

 

質問とかしてくる講師って、めんどくさいんですよね。

って、僕も自分が講師の時はやっちゃってると思いますが。。。

 

自分が講師だと、
受講生も参加してくれた方が、
講座がやりやすいんですけどね。

自分が受講生のときは、イヤなのに。

自己中か!

すみません。

 

一番前の真ん中の席に座り。

講座がはじまり。

早速、僕に質問がきました。

 

ほら、きた。

だから目立つ席はイヤなんだ。

 

で、講師からの質問。

「ここに、ごはんの入ったおひつがあるとします。」

「その中のごはんから、2人の人が、おにぎりをにぎっているとします。
Aさんは、ニコニコしながら心を込めて丁寧ににぎっています。
Bさんは、いかにもめんどくさそうに、雑ににぎっています。
AさんとBさん、どちらがにぎったおにぎりを食べたいですか?」

「・・・そりゃ、Aさんの方がいいです。」

「なぜですか?」

「・・・なぜって。。。」

「同じごはんですよ?栄養学的には、栄養価は同じはずですよね?
なのになぜ、Aさんのおにぎりの方がいいんですか?」

その質問に、ぼくは・・