こころとからだ

世間がつくった「女性らしさ」に合わせようとする必要はない。

<あそびば☆ここから>の睦美さん

講座にご参加いただいたのは、
睦美さんはじめ、これまで鹿児島市内での講座にご参加いただいたことのある、
女性7人。

「女性性」をテーマにした講座を。

これまでに何度も僕の講座を受講いただいている皆さんだったので、
前説的なものはすっ飛ばして、
いきなり本題に入っていきました。

「女性らしさ」って、なんなんでしょうね?

ある参加者の方が、

「自分らしさ」と「女性らしさ」って、別々のものだと思い込んでいました。

と、講座の最後に話されました。

それは、僕が講座の最初に、

「皆さんがコアの部分から自分らしさを発揮したとき、それは同時に女性らしさも発揮された状態なんです」

というような話をしたことへの感想だと思うのですが。

女性として生まれきたということは、
(深いところで)自ら望んで女性として生まれてきた、ということなんだと思っているんですね。

自ら望んで女性として生まれてきた、
という仮説が本当にそうであるならば、

女性が自分らしく生きるってことは、
女性らしさを発揮して生きるってことと、
イコールであるはずなんです。