こころとからだ

瞑想≒断食

今夜は月1開催のkokokara講座でした。

テーマは「瞑想」

飽きっぽく忍耐力の欠如している僕が日々の習慣にできた、
数少ないもののひとつです。

まず、

「なんのために瞑想をするのか?(なぜ瞑想をした方がいいのか?)」

という話から。

例えとして、

「瞑想は断食みたいなものだ」

という話をしたんですね。

断食って、なんのためにやるのか。

①過活動気味の胃腸を休ませるため

②消化吸収にまわしていたエネルギーをカラダのメンテナンスに動員するため

③余計なものを排泄(デトックス)し、体内環境を調えるため

すみません、
断食(ファスティング)について本格的に学んだわけではないのでアレなのですが、
たぶんこんな感じですよね。

瞑想も、同じ感じだと思っているんですよ。

僕は、

「思考と感情を鎮めること」

が瞑想の目的だと思っているんですね。

①過活動気味の脳を休ませるため

②思考や感情に使っていたエネルギーをカラダのメンテナンスに動員するため

③余計な思考や感情をリリースし、クリアにするため

断食も瞑想もその先により本質的な目的があると思いますが、
それはおいといて。

入口としての目的は、そんな感じだと思っています。

ですから・・