こころとからだ

心身が調うなら、手段はなんでもいい。

個人セッションで、
右卵巣にストレスポイントがあった方に対し、
メンタルの部分からアプローチし、最終的に「お父さんに手紙を書く」という流れになったことがありました。

ですが、すべてのセッションで、
こういうアプローチをしているわけではありません。

 
例えば、同じように、
右卵巣にストレスがかかっていたとしても、
人によって状況によって、原因は様々だと感じていて。

整体施術によって、
カラダから変化を促すこともあれば、
食生活のアドバイスをすることもあれば、
ウエイトトレーニングで追い込むこともあります。

 
あくまでも、
施術や運動指導は手段のひとつで、
目的は、お客さんの心身が調うためのサポートをすること。

目的を達成するためなら、
手段はなんでもいいと思っています。

 
逆に、手段に囚われてしまうと、
目的を見失ってしまう。

開業当初からその価値観は変わっていなくて、
その価値観が明確になったからこそ開業したとも言えます。

 
だからこそ、
僕の個人セッションは、
なにをやっているのかがわかりづらい、
というか、言葉で説明するのが難しいのですが。。

僕の中では、
ものすごくシンプルなことをやっているつもりなんですけどね。

 
『心身を調えるサポートをする』
という目的があって、その目的を達成するために、僕の引き出しにあるものはなんでも使う。

というわけで、
最近の沖縄の個人セッションでは、
こんな《引き出し》を使って、脾経を流してみました。